間違ったダイレクトメールの利用の仕方

ダイレクトメールを受けとった経験は、ほとんどの人があるのではないでしょうか。ダイレクトメールとは、集客のための手紙で、顧客を増やすために効果のある方法です。個人や法人宛に、製品の紹介やカタログ、あるいはイベントの案内などが送られてくることがあります。それがダイレクトメールです。店舗であれば、リピーターを増やすために用いられたり、お試しの商品を注文した人などを、新規の客として定着させるために使われたりします。チラシに比べてコストがかかるので、リピーター対策に用いられる方が、店舗としては有効な使い方になります。大学や専門学校など、資料請求をした人を対象に、オープンキャンパスや個別相談など、催し物を案内するダイレクトメールもあります。チラシですと、興味のない人は見ませんが、ダイレクトメールは個別に届くため、目を通されやすいのです。

ダイレクトメールの効果的な使い方を紹介。

ダイレクトメールは、封書やカタログ、小冊子の形で送られてくることが多いです。たくさんの情報をじっくりと見ることができます。新商品やお勧めの商品を知らせたいときには、とても適しています。たまに割引券やクーポン券などの、お得な情報が入っていることもあります。様々な種類のクーポン券を付けて、どのクーポンに客の反応があるのかを知ることができます。今後の商品管理の参考になるでしょう。受けっとった側に、中身が見たいと思わせることも大切です。デザインに凝ったり、色彩豊かなダイレクトメールにすることが必要です。サンプル品が付いていると、中身を確認したいと思う気持ちが高まりますし、試してみて気に入れば、その商品の売り上げにもつながります。お客様が見て楽しめ、店舗側に利益のあるダイレクトメールが理想なのではないでしょうか。

間違ったダイレクトメールの使い方とはどんなものか。

ダイレクトメールは、利点ばかりではありません。デメリットもあります。その1つがかかりすぎるコストです。客への発送料がかかりますし、凝ったデザインやサンプルなど、チラシとは違ってコストが上がってしまいます。それには対応策があります。同じ内容の郵便物を1度に2000通以上送る場合には、広告郵便物として申請できます。認証を得られれば8~44%の料金を割引できます。そのためには多くの客の情報収集が必要になります。それでないと逆に損をしてしまうかもしれません。店舗の場合は会員登録を勧めるなどの努力が必要です。また、ダイレクトメールを必要としない客がいることも考えなければいけません。その場合、無理に送り付けることは不可能ですし、発送を止める手続きが必要です。高いコストで発送されるダイレクトメール、その分売り上げや集客を高める努力が必要です。