ダイレクトメールを効率よく利用する方法とは

個人または法人宛に商品の案内やカタログを直接送付するダイレクトメールは、販売促進や営業のための宣伝として利用されています。今では誰もが電子メールや郵便ハガキなどでダイレクトメールをもらったことがあるでしょう。電子メールの場合コストがかからず、多くの方にダイレクトメールを送信することができます。しかし受信者にはダイレクトメールは開かれない可能性が少なくないです。迷惑メールとして扱われ、件名すら見られることもない場合があります。ハガキなどの郵便物の場合、手に取ればダイレクトメールを見てもらえる可能性がありますが、ハガキ代や印刷代などコストが多くかかります。お客様に直接届くのがダイレクトメールです。効率よく利用するには、ダイレクトメールに目を通し、そして購買などの行動に起こしてもらうことが大切です。

ダイレクトメールに目を通してもらう工夫

ダイレクトメールを効率よく利用するには、いかに多くの人に目を通してもらうかが重要です。見てもらわなければ何も始まりません。ダイレクトメールに目を通してもらうには、まずは外観です。受け取った方の興味を引き付ける工夫などがあるといいです。例えば封書で問題を出し、中に答えを載せるということも開封してもらうための面白い方法です。ちょっとした小物などのプレゼントを入れて触った感覚で中に何が入っているのだろうと興味を持ってもらうことも一つの方法です。形状を変わったものにすることも一つの方法です。ダイレクトメールを発送する日も大切です。時間に余裕のある休日はダイレクトメールを見てもらえる可能性がよりありますが、正月やGWなどの連休になると不在のことが多くダイレクトメールを見てもらう可能性が低くなります。

ダイレクトメールを見た人が次の行動を起こしてもらうための工夫

見た目や触った感覚で中に興味を持ったら次にあるといいのが、切り取り線です。封書をあけるときに、うまく開けられない煩わしさを解消して、簡単に封を開けることができる切り取り線は、封を開ける人にとって便利なものです。ダイレクトメールを開けた後は、受け取った方が実際に購買などの行動を起こしてもらうことが大切です。商品やサービスが魅力的なものだと示すことはもちろん、お得になるクーポンなどがあれば嬉しいですね。「期間限定」や「お得意様限定」などの特別感のある言葉や「割引き」などお得感のある言葉があるとよりダイレクトメールを受け取った方が次の行動に移すきっかけとなります。QRコードもあるいいです。ダイレクトメールを見た後にその会社や商品をより詳しくインターネットで調べたいときに便利です。