ただ捨てるだけじゃ勿体ないダイレクトメール

企業から送られてくるダイレクトメールには、封書やカタログ入りのものもあり、開封するのも処理するのも煩わしく感じてしまうこともあるかもしれません。けれどもダイレクトメールの多くは、商品を購入したり資料を請求したことのある企業から送られてくるものがほとんどです。今は関心が薄れているけれども、かつては資料請求をしたり商品を購入したりしたのかもしれません。ダイレクトメールを送るのには印刷代や郵送費等諸経費が膨大にかかるものですが、それでもレスポンスがあることを求めて送られてきています。普通は受け手に有益な内容がなければレスポンスはしないので、お得感を得られる情報がダイレクトメールには封入されていることが多いです。どんなお得な情報が送られているのかぜひ開封してチェックしてみましょう。

ダイレクトメールは読むだけで得られるものがあります

ダイレクトメールの多くは接点のあった顧客を中心に新サービスの情報を届けたり、商品やサービスの購入を促すために送られてきます。どんなサービスが新たに加えられたのか、今まで送られてきたものと比較するように目を通してみると面白くなります。すぐに購入しなくても、改良された点や特徴、新しく発売された製品の情報についてチェックしておくと、多くの人がどんなことに関心を持っているのか、ブームを知ることができ、同様の他者の製品に対しても、見る目が肥えるようになります。いらないものを買ってしまえば、後から損をした気分になってしまいますが、情報として記憶にインプットしていくだけなら、特になることはあっても、損をすることはないので、せっかく送られてきたダイレクトメールは有効に情報として蓄えていきましょう。

ダイレクトメールを上手に保管して利用しましょう

目を通したダイレクトメールの中には、少しは興味が持てたり、何年か先には気になってくるかもしれないと思われるものもあることでしょう。そのようなダイレクトメールは、スクラップして保管していきましょう。クーポンや割引券がついていれば、それらも一緒に保管しておきます。ファイルに挿し込んでいくと場所をとらなくてよいです。再び、同じ企業からダイレクトメールが届いたら、スクラップしていたクーポン類と差し替えて保管しておきます。読んだ時には買いたいと思わなくても、しばらくして興味が出てくるということもあるかもしれないので、その時には有効に活用しましょう。時には、お友達に紹介するだけで双方にプレゼントがあるという企画もよくあるので、お友達の確認を取ったうえで、企画商品をもらうのも、楽しい活用法です。